Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/freedlife/freedlife.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

アクアテラリウムのろ過も底面フィルターが良い

熱帯魚

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

 

 

アクアテラリウムのろ過方法って

悩んだりしませんか?

 

バトラクス
バトラクス

悩むね~

 

 

 

水量も少ないし

水槽の上半分は植物あるし…

 

外部フィルターあれば

すぐに解決できるんだろうけど

全員が外部フィルター持ってるとは限らない。

 

バトラクス
バトラクス

外部フィルター欲しいよ~

 

 

そんな悩みも解決してくれる底面フィルターは

やはり優秀としか言いようがないですね。

 

アクアテラリウムのろ過

アクアテラリウムのろ過方法は

非常に限られてくるのが実際なんです。

 

上部フィルターは使えませんし

水量によったら外掛けフィルターも使えない。

 

使えるのは

外部フィルターか底面フィルター。

 

コストを考えると

底面フィルターでのろ過が正解でしょう。

 

底面フィルターに関する記事です。

 

 

アクアテラリウム専用のアイテム

アクアテラリウムのろ過方法を調べると

真っ先に出会うアイテムがあるんです。

 

ニッソーさんの「ティポイント」。

私もアクアテラリウムを始めたころ

熱帯魚屋さんの店員さんに勧められました。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニッソー ティポイント 関東当日便
価格:3980円(税込、送料別) (2019/5/4時点)

 

 

もちろん底面フィルター仕様です。

 

ポンプの先は専用の分水器になっていて

そこからエアチューブで8か所に水路を分配できます。

 

まさにアクアテラリウム専用のアイテムですね。

 

 

ジェックスさんからも同様の商品が出ています。

こちらは分水器が5つでニッソーさんより少ないです。

 

ただ

お値段はお求めやすくなっていますよ~。

 

 

 

アクアテラリウム専用でなくてもいい

私はアクアテラリウムを稼働させてしばらくは

これらの専用アイテムを使用していませんでした。

 

 

代わりに水作さんの「スペースパワーフィットプラスS」を使ってました。

 

 

 

 

写真の左上側に設置しています。

 

なぜこのフィルターを使用していたかというと

家に余っていたから。

 

わざわざ購入しなくても

家に余っている使えるものを使った結果

このようなスタイルになったんです。

 

 

正面から見ても

目立ちませんよね。

 

 

バトラクス
バトラクス

そびえ立つコードが目立つ

 

 

アクアテラリウム専用以外で底面フィルター

その後

この水作さんの「スペースエアフィットプラスS」

モーターヘッド部分だけを底面フィルターに接続し

アクアテラリウム水槽を稼働させていました。

 

 

本当にアイデア次第で

何とでもなりますよ。

 

バトラクス
バトラクス

お金は無いけどね~

Yoshihiro
Yoshihiro

アイデアあるからカバーできるの!

フィルターの大きさは一目瞭然

先ほど紹介した専用のアイテムのフィルターと

底砂すべてがフィルターとして使える底面ろ過と

どちらがろ過量が多いか一目瞭然でしょう。

 

アクアテラリウムは

普通の熱帯魚水槽とは

水量が異なってきます。

 

そこに生体を入れるわけですから

ろ過量が大きいに越したことはない。

 

 

やはりアクアテラリウムには

底面フィルターがおススメですよ。

 

思い通りの場所に水を

アクアテラリウムで大変なことは

思い通りの場所に水を持っていけるかどうか。

 

水槽内にエアチューブをはわせて

濡らしたい場所まで持っていく。

 

さて

どうやって固定するか…。

 

 

結束バンドでもいいし

ビニールに覆われた針金でもいい。

 

ただ

それらでエアチューブを固定すると

強くしばり過ぎて水が出なかったり

結束バンドや針金が目立ったりと

あまり良いことがないんですよね。

 

 

そこで活躍するのが

ワイヤーが入ったエアチューブ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本動物薬品 ニチドウ ワイヤーホース 5.0m 関東当日便
価格:558円(税込、送料別) (2019/5/4時点)

 

これなら自由自在に

好きなところへ水を持っていけますよ?

 

ワイヤーが入っているので

結束バンドや針金で固定する必要もない。

 

この写真で使用しているエアチューブも

ワイヤー入りのエアチューブです。

 

バトラクス
バトラクス

アクアテラリウムは見た目が大切

さいごに

アクアテラリウムのろ過方法は

やはり底面フィルターが良い。

 

見た目にすっきりするし

あまりコストもかからない。

 

 

普通に水槽を稼働させるときも

アクアテラリウムのときも

やはり頼れるのは底面フィルターですね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした

コメント