Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/freedlife/freedlife.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

カメの甲羅にコケが生えたら落とす~ミシシッピニオイガメ~

熱帯魚

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

 

 

我が家には2012年10月産まれの

ミシシッピニオイガメがいます。

 

 

あれから長い年月が過ぎ

ミシシッピニオイガメの甲羅にも

うっすらとコケが生えてきました。

 

バトラクス
バトラクス

時の流れを感じるね

 

カメの甲羅にコケが付いているのも

あまりよろしくないので取ってあげましょう。

 

でも

取り方には注意が必要です。

 

 

甲羅は堅いと思うでしょうけど

だからと言って

タワシでゴシゴシは禁止です。

 

バトラクス
バトラクス

そうなんだね

 

甲羅のコケを落とす

あまりにも長いヒゲゴケが付いてしまったら

まずはむしり取りましょう。

 

あくまでもうっすらとコケが付いた時の

取り方を書いていきますね。

 

甲羅を乾かす

まずは甲羅を乾かしましょう。

 

日光浴を兼ねてバスキングタイムです。

 

 

つまり

気温が高くなってからじゃないとダメですよ?

 

真冬にやると

カメさん体調を崩しますから。

 

日中の最高気温が25℃を超えたくらいから

コケ取り作業を始めてください。

 

ヨード液を塗る

コケを完全に落とすためには

ヨード液を塗りましょう。

 

バトラクス
バトラクス

ヨード液って何?

ヨード液は

分かりやすく言うと

イソジンです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】シオノギヘルスケア イソジンうがい薬 120ml
価格:698円(税込、送料別) (2019/5/4時点)

 

 

このイソジンを10倍にうすめて

カメの甲羅に塗ってあげましょう。

 

使い終わった歯ブラシなどで

軽く擦るように塗るのがコツです。

 

良く乾かす

薄めたイソジンを塗ったら

良く乾かしましょう。

 

晴れた日で気温25℃程度でしたら

目安1時間くらいではないでしょうか。

 

直射日光ばかりだとカメさんも熱中症になるので

日陰も用意してあげてくださいね。

 

バトラクス
バトラクス

真夏はキケンだね~

 

ヨード液を洗い流す

よく乾燥させたら

水槽の中に戻す前に

甲羅に付いたヨード液を

洗い流してあげましょう。

 

 

ゴシゴシこすることはないですよ。

 

もしヨード液の色が残っても

そのうち消えていきますから

安心してください。

 

取扱の注意

ヨード液は消毒薬です。

 

くれぐれもカメさんの口の中や

目の中に入らないように気を付けてください。

 

バトラクス
バトラクス

これは注意が必要だね

万が一

多量にカメさんの口の中や

目の中にヨード液が入ったときは

すぐに動物病院に行きましょう!

 

コケが生えない環境にする

そもそも

なぜコケが生えるのか。

 

水槽で熱帯魚を飼育していると

必ず直面する問題ですね。

 

コケが生える原因は

本当にたくさんあるんです。

 

・バクテリアが足らない

・エサの与えすぎ

・掃除不足

・直射日光を浴びてる

・水草の肥料を与えすぎている

・熱帯魚を入れすぎ

 

などなど…

 

これらの原因を1つ1つ

解決していかないとダメなんですよ。

 

バトラクス
バトラクス

こりゃ大変だ…

思い当たるものが1つでもあれば

解決していきましょう。

 

コケを食べる生体を入れる

あまり効果が期待できないんですが

コケを食べる生体を入れるのもアリですよ。

 

 

我が家ではミナミヌマエビを入れています。

 

 

もちろんカメのエサにもなってしまいますが

それでも水槽の中では大繁殖しています。

 

おかげで苔の生える速度は

緩やかになっているかもしれませんね。

 

バトラクス
バトラクス

ありがとう!ミナミヌマエビ!

 

さいごに

カメの甲羅にコケが生えたら落とす。

 

コケを落としてあげないと

日光浴からの紫外線吸収効果がうすれて

骨や甲羅が弱くなってしまいます。

 

人間も適度な日光浴で

骨が丈夫になると言われていますよね?

 

 

それと同じなんです。

 

なのでカメの甲羅が

あまりにもコケで覆われているのであれば

そのコケは落としてあげましょう。

 

1日でも長く

元気に過ごしてほしいですから。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント