スポンサーリンク

ゴールデンデルモゲニーの飼い方

熱帯魚

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

 

 

細長い熱帯魚、ゴールデンデルモゲニーのご紹介。

その姿はまるで海水魚の「サヨリ」に似ていますね~。

熱帯魚屋さんやペットショップの熱帯魚コーナーでよく見かけます。

ネットでしたら安定して購入できますよ。

 

バトラクス
バトラクス

細身の姿ですね~

 

比較的に購入しやすい価格でして

1匹、数百円程度で購入できます。

 

 

 

ゴールデンデルモゲニーを飼う

ゴールデンデルモゲニーは、ダツ目サヨリ科デルモゲニー属です。

だから海水魚のサヨリと似ているわけですよね。

 

海水魚と同じフォルムの淡水魚もいるんですよ。

海水魚気分で飼育してみませんか?

 

バトラクス
バトラクス

淡水魚ですけど…

 

私がゴールデンデルモゲニーを飼育した理由は

まさに海水魚と似たフォルムの淡水魚を飼育したい!

という動機だけでしたから…。

 

ゴールデンデルモゲニーは水面から真ん中くらいを泳いでいるのが基本。

あまり底に行くことはないんです。

 

あまりにも底に行くようでしたら、体調不良も考えられますよ。

 

よ~く観察してくださいね。

 

バトラクス
バトラクス

は~い

水槽の大きさは?

ゴールデンデルモゲニーは最大約5cmまで成長します。

5cmって小さいようですが

実際に泳いでいる姿を見ると

大きく見えますよ。

 

 

ゴールデンデルモゲニーのみを飼育するのであれば

45cm水槽で十分です。

 

体長1cmの熱帯魚を飼育するのに

必要な水の量は1リットルなんです。

 

45cm水槽は水量約38リットルなので

5cmのゴールデンデルモゲニーだと

余裕をみて7匹は飼育できますね。

 

60cm水槽で混泳させる場合でしたら

1~2匹程度から飼育して様子を見ましょう。

水温・水質は?

水温は25℃前後を基準に、30℃以下に保てるようにしましょう。

 

冬場はサーモスタット付きのヒーターで保温しながら

夏場は水槽専用のクーラーか扇風機で冷やしてあげてください。

 

水質は中性から弱アルカリ性を好みます。

 

ですので、水草水槽でゴールデンデルモゲニーを飼おうとしている場合は

底砂にソイルをしようしていると要注意です。

 

ソイルは性質上、水質を弱酸性に傾けますよ。

おススメの底砂は、酸処理しない大磯砂ですね。

 

酸処理してもいいんですが

弱アルカリ性も生息環境なので

酸処理せずに使っても大丈夫です。

 

酸処理、面倒くさいし。

 

水草水槽での飼育は、少し注意が必要です。

混泳は大丈夫?

ゴールデンデルモゲニーは水面域を泳いでいますので

その付近を泳ぐ熱帯魚との相性は考えないといけません。

 

私の水槽では

上層部分をゴールデンデルモゲニーが。

 

下層部分を淡水カレイが泳いでいます。

それ以外にも熱帯魚、たくさん泳いでます。

下の写真、右上に見えるのが我が家のゴールデンデルモゲニーです。

 

ゴールデンデルモゲニーの性格は

同種同士で争う性格の持ち主です。

 

もしゴールデンデルモゲニーを多数飼育するのであれば

マツモを浮かせて、身を隠せるようにしてあげましょう。

 

また気性の荒いシクリッドや大きくなったエンゼルフィッシュは

浮いているゴールデンデルモゲニーを襲う可能性もあるので

そこらへんは混泳を避けた方がいいでしょう。

 

と書いていますが、

私の水槽では混泳しております。

 

 

たまにゴールデンデルモゲニーが

エンゼルフィッシュに追いかけられてます。

エサは?

私が飼育していたゴールデンデルモゲニーは

何でも食べていました。

 

中でも食いつき良いのが赤虫。

 

 

 

赤虫を食べない熱帯魚はいないんじゃないかな。

ここで注意しないといけないのが

ゴールデンデルモゲニーの口は上向きだということ。

 

浮いているエサは食べられますが、そこに沈んだエサは食べられません。

当たり前ですが、キャットやコリドラスタブレットはNG。

 

赤虫も沈下性のエサですが

フィーダーカップで与えると

一部の赤虫は浮きますので便利です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キョーリン フィーダーカップ(冷凍えさ入れ) 関東当日便
価格:118円(税込、送料別) (2019/4/21時点)

 

購入時のポイント

ゴールデンデルモゲニーは

水面や真ん中を住みかとしていますので

熱帯魚屋さんやペットショップの

熱帯魚コーナーで購入する際に

下の方を泳いでいる個体は

調子がいいとは言いづらいです。

 

ですので、なるべく上の方を泳いでいる個体を選びましょう。

 

また食欲不振の個体は

お腹の部分が細く

水流に流されるままになっています。

 

購入する際は

お腹がしっかり膨らんでいる個体を購入しましょう。

注意すべきこと

ゴールデンデルモゲニーは

水面を泳ぐ場面が多い熱帯魚です。

 

もし下の方から他の熱帯魚が襲うような場面があれば

ゴールデンデルモゲニーは驚き

水槽から飛び出る可能性がございます。

 

ですので水槽はガラス蓋などでフタしましょう。

飛び出してしまうと自力で水槽に帰れませんので

 

飛び出さないようにしてください。

 

ガラス蓋だと夏場は水温管理が難しいので

メッシュ状のプラ製のフタがおススメです。

さいごに

ゴールデンデルモゲニーは慣れると近寄ってきてくれます。

 

エサをあげようと水槽に近づけば

真っ先に寄ってきてくれるのがゴールデンデルモゲニー。

 

水面に指を入れると

指先をツンツンと突いて遊んでくれます。

 

見た目は不思議な感じですが

けっこう懐いてくれて可愛い熱帯魚です。

 

ゴールデンデルモゲニーは長期間飼育していると

体表面の輝きが無くなると言われますが

私が飼育していた個体は、星になるまで輝いてました。

 

熱帯魚では珍し細長い体のゴールデンデルモゲニー。

ぜひその魅力を飼育して感じてみてください。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント