スポンサーリンク

タイガープレコは小さめのプレコを育てたい人向け

熱帯魚

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

 

この記事をご覧になるということは

少なからずタイガープレコに

興味があるということでしょう。

 

 

良いですね。

 

タイガープレコ。

 

かわいいですよ。

 

Yoshihiro
Yoshihiro

そこまで大きくならないよ

気になる大きさや性格を
確認していきましょう。

タイガープレコを知る

タイガーって名前から想像すると、

大きく成長するのではないか
凶暴なのではないか・・・
と思ってしまいますよね?

 

 

でも、実際は大きくなりませんし、
凶暴でもないんです。

 

タイガープレコは15cmまで

タイガープレコは、大きく育っても15cm程度です。

 

我が家のタイガープレコは10cm程度で成長が止まってます。

大きくなっても15cm程度ですので、管理しやすいサイズです。

 

 

セルフィンプレコとか40cm超えたりしますので、

飼育しようとしても勇気いりますよね?

 

 

その点、

タイガープレコは小さいんで安心です。

性格は大人しい

タイガーという名前だけあって、凶暴なのでは・・・。

 

これがタイガープレコに対する私の第一印象でした。

 

 

でも実際は、本当に大人しい。

 

 

他の熱帯魚を襲ったり、絶対しません。

いつも流木や大磯砂の上で大人しくしています。

混泳も大丈夫

ネオンテトラなどの小さい熱帯魚との混泳も大丈夫です。

 

我が家の水槽は、

いろんな種類の熱帯魚が泳いでいますが、

ケンカしてるところは見たことないですよ。

 

ね?

 

ごちゃごちゃしてるでしょ?

水質は弱酸性~中性

水質は、弱酸性から中性を好みます。

 

熱帯魚のほとんどは、この水質を好むでしょう。

 

 

たまにアルカリ性のみを好む熱帯魚もいますが。

 

まぁネオンテトを飼育している水槽に

タイガープレコを導入するのであれば、

水質はあまり気にしなくてもいいでしょう。

 

私がそうでしたから。

水温は26℃前後

水温は26℃前後に保ってあげてください。

 

 

特に夏場は水温が30℃以上になったりします。

しっかりと対策をしてくださいね。

 

こちらの記事も参考にどうぞ。

 エサは赤虫

エサは赤虫がおススメです。

 

とにかく、私が飼育した熱帯魚で、

赤虫を拒否した子はいませんね。

 

 

ミナミヌマエビも赤虫が好きみたいですし、

魚だけでなく、エビも赤虫好きだと知りました。

 

私の感覚ですが、

乾燥赤虫よりも、冷凍赤虫の方が食いつきが良いですよ。

[amazon_link asins=’B00E0GLNXI,B005MMCR9S,B005MMCRG6′ template=’CopyOf-ProductCarousel’ store=’yoshihiroamaz-22′ marketplace=’JP’ link_id=’9075d212-fb33-45a8-b26d-23a64a85eb15′]

 

 

赤虫を扱うのが苦手でしたら、

プレコ専用のエサもあるので、安心してください。

[amazon_link asins=’B00KPAS4RG,B00BPK1YUO,B0797TJDBY,B0020FYWPW’ template=’CopyOf-ProductCarousel’ store=’yoshihiroamaz-22′ marketplace=’JP’ link_id=’4cd3d7ff-252b-4aa3-8507-b0dc6fb8e983′]

寿命は5年以上?

我が家のタイガープレコ、購入して4年です。

生後何年目の個体を購入したか不明ですが、

仮に生後1年の個体を購入したとすれば、

5年は生きています。

 

ですので、私の感覚では寿命は5年以上です。

 

 

このサイズからすると8~10年位が寿命でしょうね。

基本は夜行性

タイガープレコに関わらず、プレコは夜行性です。

 

夜に水槽内をゴソゴソしています。

 

 

昼間には見ることができない一面を、

夜に観察することができますよ。

 

 

我が家のタイガープレコは、

夜になるとガラス面に引っ付いて、

茶ゴケを食べています。

タイガープレコを飼う準備

タイガープレコを飼うために、

最低限必要な準備はしましょう。

 

すでにある場合、

読み飛ばしても大丈夫ですよ。

隠れ家の準備

タイガープレコが入るサイズの土管のような商品があります。

 

そういったものを準備しても構いませんが、

流木や岩で隠れ家を作っても構いません。

 

 

私の水槽は、流木で隠れ家を作っています。

流木を準備

一部のプレコは流木のような植物を主食としていますが、

タイガープレコは流木を主食にはしていません。

 

ではなぜ、流木が必要なのか。

 

 

前述したように隠れ家にもなるんですが、

流木に発生するコケは食べるので、

あったほうが好ましいんですね。

 

我が家も流木は多数準備しています。

ただ、しっかりアク抜きしましょうね。

さいごに

正直に言って、タイガープレコは地味です。

 

ネオンテトみたいに鮮やかではございません。

 

 

プレコの導入理由も、コケ取りが多いでしょう。

 

 

大きくなるプレコもいますし、凶暴なプレコもいます。

 

 

私のような水槽で飼うなら

大人しく小さいプレコがいいでしょう。

 

その条件を満たすのが、

私はタイガープレコだと思います。

 

飼えば飼うほど愛着わきますよ?

あなたもぜひ、タイガープレコを体験してみてください。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント