スポンサーリンク

バトラクスキャットの水槽レイアウトはシンプルに

熱帯魚

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

 

 

2010年から

バトラクスキャットを飼ってます。

 

 

バトラクス
バトラクス

長生きしてます

昼間の明るい時は

大人しいバトラクスキャット。

 

夜、暗くなると

ゴソゴソ泳ぎ出します。

 

ゆっくりと泳いでますが

かなりパワフルなんです。

 

もし

あなたがバトラクスキャットを

飼育したいと考えているなら

水槽のレイアウトはシンプルに。

 

 

隠れ家の

土管があれば

それでいい。

 

バトラクス
バトラクス

本当にシンプル

我が家の

バトラクスキャット水槽の

レイアウトはシンプルです。

 

バトラクス
バトラクス

金魚は美味しく頂きました。

 

レイアウトはシンプルが良い理由

熱帯魚水槽は

水草があったり

石や流木があった方が

キレイですよね。

 

私も

水草水槽に憧れ

いろいろ挑戦しました。

 

 

満足したレイアウトになっても

しばらくすると

熱帯魚たちに荒らされます。

 

本当に彼らは

パワフルですね。

 

だから

レイアウトはシンプルに。

良いことたくさんありますよ。

 

掃除が楽

水槽のレイアウトがシンプルになると

まず掃除が楽になるんですよね。

 

これ水槽だけのことじゃなくて

あなたの部屋にも言えますよ?

 

家具・家電の多い部屋と少ない部屋

どっちが掃除しやすいですか?

 

もう

答えが分かりますよね?

 

バトラクス
バトラクス

シンプルが良い

出費が減る

石や流木は

手入れが少ないでしょうけど

水草は手がかかる。

 

水草をキレイに保つには

定期的にトリミングしたり

肥料を与える必要がある。

 

 

その都度

出費が発生したり…。

 

レイアウトはシンプルだと

あまり出費は発生しないですよ。

 

バトラクス
バトラクス

その出費が楽しいのに…

バトラクスキャットはパワフル

バトラクスキャット水槽のレイアウトは

本当にシンプルが良いんです。

 

私も飼育当初は

マツモを植えていました。

 

でもすぐに

尾びれが当たって

水面に浮いちゃったんですよね。

 

何回も何回も

植え付けては抜かれ

植え付けては抜かれ…

 

だんだん

マツモは

元気がなくなりました。

 

ごめんねマツモ。

 

 

バトラクスキャットの遊泳力は

見た目とは違って強いですよ。

 

バトラクス
バトラクス

泳ぎは早いよ

飾りが不要な理由

水槽の中に飾りは必要ない。

 

これが私の結論です。

 

バトラクス
バトラクス

私ケガしたもんね

枝状の流木は刺さる

良かれと思って入れた流木。

 

その流木は枝状になったもの。

 

バトラクスキャットの尾びれに

刺さったことあります。

 

なぜ刺さったのか

原因は分かりませんが

皮膚に丸い傷がありました。

 

 

そのことがあってから

流木の設置はやめました。

 

偽物水草もいらない

流木がダメなら

ナイロン製の偽物水草を入れてみる。

 

これなら大丈夫だろうと

設置しました。

 

奥に緑が見えますよね?

あれが偽物水草です。

 

これも

すぐに撤去しました。

 

まず

星になったエサ用の金魚が

水草付近に集まってくる。

 

水質の悪化になる。

 

 

偽物水草に

茶ゴケが発生し

見た目が良くない。

 

 

この2点です。

 

確かに枯れないし

おもりが付いていて

簡単には浮かない

偽物水草だけど…

 

我が家のバトラクスキャット水槽には

不向きであると判断したので撤去。

 

今は

隠れ家の

土管だけです。

 

シンプルにして気づいたこと

水槽のレイアウトをシンプルにすると

バトラクスキャットの遊泳範囲が広がり

60cm水槽とは言え

のびのびしてる気がします。

 

バトラクス
バトラクス

本当は90cmが良いかも…

 

あまりレイアウトにこだわると

バトラクスキャットにストレスが

かかるかもしれません。

 

90cm水槽や120cm水槽なら

多少のレイアウトしても良いけど

60cm水槽で飼うなら

レイアウトはシンプルが最高ですよ。

 

さいごに

バトラクスキャット水槽の

レイアウトはシンプルに。

 

 

これが結論です。

 

あなたの水槽レイアウト

もしゴチャゴチャしてたら

一度見直すのも良いかもしれませんね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント