ミシシッピニオイガメの魅力を解放するよ!!

熱帯魚

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

ミシシッピニオイガメの魅力を解放します。
カメって人間に慣れるんですよ?
知ってました?

ミシシッピニオイガメとは

ミシシッピニオイガメは、アメリカの中央から東にかけて生息しています。
またカナダの一部でも生息しています。

現地では“Stinkpot”や“Common Musk turtle”と呼ばれています。

ニオイガメの仲間は身の危険を感じると、
後ろ脚の付け根から臭いのある液を出すため、
名前がニオイガメなんですね。

うちの子はニオイ出したこと無いです。

どんなとこに住んでるの?

ミシシッピニオイガメは流れの緩やかな川や湖、
沼などで暮らしており、基本的には夜行性です。

生涯の大多数を水中で過ごし、
他の水棲カメがするような日光浴をあまりしません。

また、極端に寒いところに住んでいるカメは冬眠しますが、
暖かいところに住んでいるカメは一年中行動しています。

うちのカメさんも、冬眠したことございません。

幼少期のミシシッピニオイガメ

小さいです

飼い始めたときは、本当に小さく500円玉くらいでした。

甲羅の色は黒く、ゴツゴツした印象です。
小さいのに力はあるなと感じました。

泳げません

生まれて間もないカメさんは
泳ぐこともままならないので、
飼育する水槽の水位は低くして、
溺れないように心がけました。

本当に泳げません。
泳いでいるのか溺れているのか・・・。

水中で暴れています。
産まれて間もない頃は、カメなのに泳げません。

カビに注意

買い始めたころ、
水槽にはガラス蓋をしていたため、
水槽内の湿度が異常に高くなり、
カメの甲羅にカビが生えてしまいました。

フタを取り、空気の流れを良くするとカビは無くなりました。
気付くのが遅いと大変なことになってたみたいなので、良かったです。

みなさんも飼い始めの時は、フタしないように気を付けて下さい。

60cm水槽で飼える

ミシシッピニオイガメは、
成長しても大きくなりません。

15cm程度までしか大きくならないのです。
他のカメさんは30cmくらいまで育ちますよ。

ミドリガメでお馴染みのミシシッピアカミミガメは
大きな池などで30cmくらいに育ちますからね。

そこまで大きくなることを知らずに、
みんな縁日とかで連れて帰るんですよね・・・。

よく調べましょうね。

ミシシッピニオイガメは15cm程度なので、
60cm水槽でも飼育可能ですよ。

気になる人は、要チェックです!!

何を食べるの?

基本的には何でも食べる雑食です。

野生では魚や昆虫、貝、水草などを食べますよ。
飼育環境でしたら専用の人工飼料で大丈夫です。

我が家ではミナミヌマエビと一緒に暮らしてます。

少し前までメダカさんも一緒だったんですが、
カメさんが食べてしまいました。

ミナミヌマエビも自然と繁殖していますが、
そこそこ食べられています。

うちでは人工飼料とミナミヌマエビが
カメさんの食事になっています。

人工飼料の量は、一つまみ程度です。
目安としてはカメの頭部と同じくらいの量らしいですよ。

でもそれじゃあ与えすぎにも思えて、
私は減らしています。

水温は何度がいいの?

熱帯魚ではないんですが、
水温も要チェックです。

特に幼少期は冬眠できる体力ないんで、
ヒーターで水温を25℃に温めてくださいね。

その温まった蒸気は速やかに水槽の外に逃がしてください。
私はその時にガラス蓋していて、カメさんの甲羅にカビが生えました。

成長してからは、そこまで気を使わなくても大丈夫です。
我が家では夏場はヒーターの電源を切っています。

節電にもなります。
しかし、暑くなりすぎるんで扇風機で水温を下げています。

暑さ対策は必須ですよ。

本当に人に慣れるの?

これは個体差があるので何とも言えませんが、
我が家のミシシッピニオイガメは慣れてます。

水槽に近づくと、ご飯がもらえると思って
水面に浮いてきます。

ご飯をあげずに、眺めていると暴れだします。
水面を背泳ぎして、バシャバシャと水しぶきをあげ、
床を水浸しにします。

それだけ力強いんです。
でもかわいいですよ。

憎めない子です。

一緒に暮らしているミナミヌマエビも
怖がる様子もなく、甲羅の上に生えてるコケをツマツマしてます。

どれくらい生きるの?

鶴は千年、亀は万年といいますので、
相当長く生きるのかと思いきや、
思ったよりは短い?ですね。

20年位だそうです。
長い子で30年みたいです。

私も少しでも長く一緒に過ごせるように、
大切に育てていきます。

さいごに

カメも育ててみればかわいいもんです。
愛着がわいてきます。

多頭飼いしたい人もおられると思いますが、
基本的には単独飼育してください。

水の汚れもひどくなるので、
水替えも大変になります。
我が家は週1回、約20Lです。

カメとは言え大切な命です。
もし飼育が困難になっても、外に放さないでください。

生態系が乱れます。

ですので、飼育が困難になった時は、
購入したペットショップに相談してください。

責任もって最後まで育てて、楽しみましょう。
Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント

  1. ミナミヌマエビの繁殖を楽しむ水槽の作り方 | 自由にブログを書く生活 より:

    […] シッピニオイガメ」と同じ水槽で飼育しているため、 カメのエサを中心に食べております。 ミシシッピニオイガメに関する記事はコチラ↓↓↓ ミシシッピニオイガメの魅力を解放するよ […]

  2. 自作タンクインタンクでろ過してキレイな水槽を | 自由にブログを書く生活 より:

    […] ミシシッピニオイガメの記事はコチラです↓↓↓ ミシシッピニオイガメの魅力を解放するよ […]