スポンサーリンク

初めて猫2匹を飼うときのトイレの数、どのトイレがいいの?

保護猫

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

 

 

猫ちゃんと一緒に暮らすとき

猫ちゃんフードと同じくらいに

真剣に考えないといけないのがトイレです。

 

 

Yoshihiro
Yoshihiro

なんで?

 

猫ちゃんのトイレ、いろんな商品が販売されています。

 

初めて猫ちゃんと一緒に生活するとしたら

どのようなトイレが良いのか。

 

 

猫ちゃん2匹と一緒に暮らすとしたら

どのようなトイレが良いのか。

 

実際、猫ちゃん2匹と暮らしている私が

かなり深く解説していきますよ~。

 

Yoshihiro
Yoshihiro

気になるね~

どんなトイレがいいの?

猫ちゃんのトイレって

大きく分けて2種類です。

 

砂タイプとシステムタイプ。

この2種類です。

 

我が家は「システムタイプ」を使用しています。

 

Yoshihiro
Yoshihiro

トイレ砂はチップです

砂タイプ

猫ちゃんのトイレの中では

1番ポピュラーなタイプでしょう。

 

トイレの中に専用の砂を入れるタイプです。

 

専用の砂は、おしっこと反応して固まり捨てやすくなります。

ウンチの場合は、周りを砂がまとい、臭いが広がらないようにしてくれます。

 

Yoshihiro
Yoshihiro

定番商品だね

メリット

砂タイプのトイレは、何と言っても安いこと。

トイレ本体も1,000円程度で購入できます。

 

 

 

 

導入費用が比較的に安く済みます。

 

トイレの砂も7リットルで400円程度と

ランニングコストも安くつきますよ。

 

 

 

 

Yoshihiro
Yoshihiro

お財布に優しいね

デメリット

砂タイプのトイレは

システムトイレと比べると

掃除が大変です。

 

Yoshihiro
Yoshihiro

トイレ掃除は大変だね

おしっこやウンチを取ることは大変じゃないんですが

その際に、トイレの砂が舞い上がるんです。

 

あまり体に良くない気もしますので、

トイレ掃除をする際はマスクをしてくださいね。

 

そして、砂の固まり具合によっては

キレイに取り切れないことも…。

 

Yoshihiro
Yoshihiro

粉々になって取れないよね…

定期的にトイレの砂を全替えしてあげてください。

私が砂タイプのトイレを使っていたときは

半年に1回だけトイレの砂を全部替えてました。

 

それでもやっぱり

完全にはキレイにならなかったな。

 

猫を飼っている人あるあるですが

猫ちゃんがトイレを終えた後

後ろ脚に挟まった猫砂を

周囲にまき散らすんですよね。

 

Yoshihiro
Yoshihiro

だって指の間に入るんだもん

巻き散らかされたトイレの砂を片付けるの

これ、地味に片付けるの大変です。

 

だから私は

システムタイプのトイレにしました。

システムタイプ

システムタイプの猫ちゃんトイレ。

 

我が家で3個

活躍中です。

 

おしっこはトイレの下に敷くトイレシートに吸収させ

ウンチは砂タイプ同様に専用チップが周りを囲み

臭いが広がらないようになる仕組みです。

 

ウンチの臭いは砂タイプよりも感じるかも…。

メリット

システムタイプのトイレは

毎日のおしっこの掃除が不要になります。

 

Yoshihiro
Yoshihiro

コレが購入の決め手

砂タイプのトイレは固まった砂を取らないといけませんが

システムタイプはトイレシートに吸収させるから

ウンチのみを取ればいいだけです。

 

シートがこれ以上吸収できないってなれば

シートを交換するだけで大丈夫なんですね~。

 

本当に楽です。

 

そして何よりも

チップの大きさにもよりますが

猫ちゃんがトイレを終わったときに持ち出す

砂の量が少なく済みます。

 

トイレ後の撒き散らしが

砂に比べると少ないのが良い!

 

掃除に関することの負担が少なく済みますよ。

デメリット

トイレ本体の金額が砂タイプよりも高いです。

 

そして専用チップの費用と、トイレシートの費用

砂タイプでは必要なかった出費が発生します。

 

システムトイレの場合、

初回購入時はセットの商品を購入しましょう。

 

トイレ本体と、トイレシートとチップがセットになった商品があるんで

この商品を購入する事をおススメします。

 

実際に私もセット商品を購入したんで。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デオトイレ本体セット ハーフ ナチュラルアイボリー(1セット)
価格:1886円(税込、送料別) (2019/7/4時点)

 

 

ちなみに私は

2種類買いました。

 

 

デオトイレが2個と

ニャンとも清潔トイレが1個。

 

 

システムトイレは

便利ですね~。

必要なトイレの数

猫ちゃんに必要なトイレの数は

飼育数 + 1個 が理想の設置数です。

 

つまり2匹の猫ちゃんと暮らしている我が家は

3つのトイレが理想の数となります。

 

この数は、あくまでも理想の数ですので

標準の必要数は猫ちゃんと同じ数のトイレ。

 

我が家は3個のトイレを設置しています

2階の部屋に3個並べて設置しています。

 

いつも左端がウンチのトイレで

右端がおしっこのトイレになってます。

 

真ん中は

気が向いたときにしているのかな…。

あまり汚れてない。

 

猫には猫なりの

ルールがあるんでしょうね。

 

Yoshihiro
Yoshihiro

キレイなトイレが好きですね。

 

理想的な設置場所

猫ちゃんもですが、人間もトイレをしているとき

他の人から見られたくないですよね?

 

でも猫ちゃんの場合

それは少し異なるそうです。

 

人目に付かないところよりも

常に周りが見え、いざとなったら、すぐに行動に移せるように

そんな環境の方が好ましいと猫カフェのスタッフさんから教わりました。

 

 

なので我が家のトイレは

すべてオープンタイプのトイレ。

 

ドームタイプは

買ってません。

ドーム型のトイレ

猫ちゃんのトイレには、周囲から見えないように

最初からドーム型の構造をしている商品もあるんです。

 

インテリア性も兼ねている商品。

 

外から見てもトイレと分からず

臭いも漏れることが少ないドーム型トイレ。

 

私は、猫ちゃんがトイレとして理解してくれるか

少し不安だったので購入を控えました。

どのトイレがいいの?

結局、どのトイレがいいの?

金額的に安いのは「砂タイプ」のトイレ。

掃除や手入れが楽なのは「システムタイプ」のトイレ。

 

どちらに魅力を感じるかで決められたらいいと思いますよ。

 

我が家は「システムタイプ」のトイレで

とても満足しています。

 

ここで注意が必要なのは

生後間もない子猫ちゃんは

「砂タイプ」のトイレの方が覚えやすいということ。

 

生後間もない赤ちゃん猫のトイレトレーニングは

「砂タイプ」のトイレで開始することがおススメです。

 

あとからでもシステムトイレに変更できますので。

さいごに

初めて猫を飼う。

初めて猫を2匹飼う。

 

トイレ選びは重要です。

 

猫ちゃんの健康チェックもトイレでできます。

おしっこの色やウンチの固さ。

 

いつもと違うな…

何か様子が変だな…

トイレ掃除でそう感じたら

迷わず病院へ行きましょう。

 

たかがトイレと言わず

猫ちゃんの健康管理のためにも

良いトイレを選んでください。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント