Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/freedlife/freedlife.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

初心者でも小型水槽で熱帯魚は飼える

熱帯魚

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

 

 

小型水槽で熱帯魚を飼育するのは

上級者向けなので初心者はご遠慮ください。

 

 

みたいな内容を

見たことないですか?

 

 

そんなことないですよ?

私だって飼育できたんですから、

あなたも大丈夫ですよ。

 

 

自信持ってくださいね。

Yoshihiro
Yoshihiro

がんばろうね

初心者から小型水槽

私が最初に購入した水槽は

世間でいう小型水槽でした。

 

そこに

ネオンテトラ5匹

 

これが初心者の私の

熱帯魚生活の最初です。

 

最初の小型水槽

水槽の商品名は忘れましたが、

これが最初の水槽です。

 

2010年に撮影してます。

写真に見えるソイルや流木、水草やヒーターは購入しましたが、

それ以外がセットになっている水槽を購入しました。

 

水量は20リットルくらいじゃないでしょうか。

初心者でも大丈夫

なぜ初心者でも大丈夫と言いきれるか。

 

それは

私が飼育することができたから。

 

私も初心者でした。

それでネオンテトラを飼育していました。

 

60cm水槽になるまでの3か月間

ネオンテトラは元気に泳いでいました。

小型水槽の熱帯魚

小型水槽でも熱帯魚が飼えると分かったら

熱帯魚は何でも飼えると思えば大間違い。

 

 

水槽のサイズに合った熱帯魚しか飼えませんから。

1リットル1cm

熱帯魚を飼育して間もない方は

このルールを覚えておいた方がいいでしょう。

 

「1リットル1cm」

 

 

水量1リットルに対して

1cmの熱帯魚を飼育できるということ。

 

3cmの熱帯魚を飼育したいのであれば

3リットルの水量は必要です。

 

あくまでも目安ですけどね。

相性の確認

小型水槽であるがゆえに

遊泳範囲が狭いため

熱帯魚同士のケンカも

発生しやすい環境です。

 

 

特に

ベタの

オス同士を

一緒に入れてはいけません。

 

 

 

ベタは闘魚です。

 

力尽きるまで

闘ってしまいます。

強い熱帯魚を選ぶ

小型水槽であるがゆえに

水温の上昇、水質の変化、酸欠、

これらが発生する確率は

60cm水槽に比べると高くなります。

 

 

だって水量が少ないから。

 

 

そんな環境にも

耐える強さがある熱帯魚を

小型水槽で飼育しましょう。

 

  • ネオンテトラ
  • アカヒレ
  • ベタ

 

これらの熱帯魚は強いです。

ネオンテトラ

ネオンテトラは

私が初心者時代に小型水槽で

飼育した経験があるから。

 

アカヒレ

アカヒレは

酸欠に強いから。

コップで飼えるから

別名「コッピー」と言われている。

 

ベタ

ベタも

酸欠に強いから。

空気呼吸ができる

ラビリンス器官がある。

小型水槽は水作りから

小型水槽で失敗なく

熱帯魚を飼育するコツは

水を作ることが大切です。

 

 

小型水槽に限ったことではないんですが、

水量の少ない小型水槽は特に重要ですよ。

 

バクテリアが必要

ただカルキを抜いた水道水には

バクテリアはいません。

 

 

小型水槽には生きた水、

バクテリアがいる水が必要です。

 

バクテリアを増やしましょう。

 

なぜバクテリアが必要か

それはあとから学べばいいんです。

パイロットフィッシュ

パイロットフィッシュという種類の熱帯魚がいるわけではないんです。

 

 

水槽を立ち上げたとき

最初に入れる熱帯魚を

パイロットフィッシュと呼びます。

 

 

そのパイロットフィッシュには

上記の熱帯魚がおススメです。

 

・ネオンテトラ

・アカヒレ

・ベタ

 

です。

 

パイロットフィッシュの役割は

水槽内の環境を作り上げるためです。

 

バクテリアの繁殖にも一役買っています。

 

熱帯魚が住みやすい環境を作り上げるために

強い熱帯魚がパイロットフィッシュとして選ばれるんですね。

小型水槽は我慢が必要

小型水槽を楽しむ場合

何が1番厄介かというと

自分自身です。

 

 

なぜ

自分自身が

1番厄介なのか。

 

 

小型水槽で熱帯魚を飼育していると

 

  • もっと多くの飼育したい!
  • あの熱帯魚も飼育したい!
  • 大きな水槽が欲しい!

 

このような願望が出てくるんです。

 

これに打ち勝てるかどうか。

 

 

だんだん小型水槽では物足らなくなり

私みたいに60cm水槽に手を出しますよ?

 

私は欲に流されました。

小型水槽でチャレンジ

過去に一度

ものすごく小さい水槽で

アベニーパファーを飼育していました。

 

テトラさんの小型キューブ水槽です。

水量は約5リットル。

 

そこに

アベニーパファーを3匹飼育してました。

 

 

写真は

パイロットとして

1匹投入したときの写真です。

 

 

慣れてくると

小型水槽でなにが飼育できるか

チャレンジできますよ?

 

アベニーパファーを3匹

2年ほど飼育しました。

 

 

小型水槽でも水量を確保

これは少し変則スタイルですが

小型水槽を小部屋として利用し

水槽の水は大型水槽からまかなう方法です。

写真のような感じで

小型水槽2個の下には

60cmスリム水槽を置いてます。

 

ちなみにコレ

既製品を改造し組み合わせた

私オリジナルの水槽です。

 

 

こちらの記事で紹介してます。

誰も最初は初心者

誰も最初は初心者です。

 

 

小型水槽は上級者向けだとは言いますが

初心者の私は、いきなり小型水槽から始めました。

 

 

誰でも最初は初心者です。

 

不安です。

心配です。

 

 

でも、できます。

考えているだけでは何も始まりませんよ?

まず、やってみましょう!

さいごに

小型水槽で熱帯魚を飼育するために

当時初心者だった私は、

あらゆるサイトを見て勉強してました。

 

 

しかし

頭で理解していても

実際に飼育してみないと分かりません。

 

で、

思い切って水槽を購入して

熱帯魚を飼育し始めました。

 

 

 

小型水槽が上級者向けだなんて

あとから知ったことです。

 

 

知らなければ

初心者が小型水槽から始めても

大丈夫なんです。怖くないんです。

 

 

小型水槽は上級者向けだなんて

先入観は捨ててください。

 

 

あなたならできる。

 

 

まずは

行動してみましょう。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント