スポンサーリンク

地震時の水槽に起こる被害とその対策

熱帯魚
DSC_0042

ブログを書いている(@yoshihiro_free)Yoshihiroです。

 

 

地震って怖いですよね。

私は嫌いです。

 

 

バトラクス
バトラクス

僕はナマズだけど

震源じゃないよ!?

 

Yoshihiro
Yoshihiro

知ってるよ

熱帯魚を飼ってると

水槽のことが気になります。

 

水槽が倒れないだろうか…

水がこぼれないだろうか…

コンセントが濡れて

ショートしないだろうか…

 

考えだしたらキリがない。

 

 

でも…

そんなリスクを背負ってでも

飼いたい熱帯魚がいるから飼育する。

 

 

まぁ

こんなもんですよね?

 

バトラクス
バトラクス

でも地震は怖い

 

私は二度

大きな自信を体験しました。

 

その時の水槽の被害と

その対策を書いていきます。

 

バトラクス
バトラクス

備えあれば憂いなし

 

ちなみに私は

水槽を揺れから守る対策は

していませんのでご了承ください。

まずは逃げる

地震の規模に関わらず

まずは逃げましょう。

 

安全な場所へ避難しましょう。

 

自分の命が一番大切ですよ。

 

バトラクス
バトラクス

命あってこそ!

地震による水槽への被害

私が経験した二度の地震では

水槽への直接的な被害な無かったんです。

 

バトラクス
バトラクス

僕の水槽は無事でした

 

私が熱帯魚を飼育し始めて経験した

大きな地震はこの二つです。

 

 

 

どちらも怖かった。

水面が波打つ

水槽への被害が直接なく

ガラスも傷一つなく無事でした。

 

しかしまぁ震度5弱の揺れは

水面を大きく揺らします。

 

よって水槽の水は床に飛び散り

床が濡れてしまいました。

 

濡れた床は拭く

床が濡れてしまった場合

拭きとることを心がけましょう。

 

もちろん揺れが落ち着いてから。

 

ココでの注意点は

水槽台の下も拭くこと。

 

水槽台の下に

水が入り込んでいることが多いです。

 

周りばかり拭いても

水槽台の下が濡れていれば

そこから床が傷んでいきます。

 

賃貸住宅だったら

退去するとき大変になります。

 

水槽台の下は

入念に拭いてくださいね。

 

水槽台の下は必ず拭く
バトラクス
バトラクス

はい!

ガラス蓋は使わない

水槽を購入した際に

ガラス蓋が付属されている場合がある。

 

 

このガラス蓋は

地震時には凶器となります。

 

波打った水面に押し上げられ

ガラス蓋が飛び出してきて

床に落ちて割れてしまう。

 

こうなると

床一面が危険な状態です。

 

ですので

ガラス蓋は

使用しないでくださいね。

 

ガラス蓋は使用しない
バトラクス
バトラクス

はい!

照明器具が落下する

水槽を設置していると

照明器具も一緒に設置していませんか?

 

我が家の水槽は古いので

いまだに照明器具は蛍光灯です。

 

 

バトラクス
バトラクス

時代はLEDなのにね…

蛍光灯の照明器具を使用している場合

恐らくは水槽の上に乗っているだけの状態でしょう。

 

この状態は

非常に不安定なんですよね。

 

 

我が家も実際に

照明が落下しました。

 

もちろん壊れました。

 

 

なのでミシシッピニオイガメ水槽の照明は

スタンドライトみたいな照明器具なんです。

まぁバスキングライトも

電球のような形状だし

都合良いっちゃぁ都合良かった。

 

 

照明器具は

軽いLED照明がおススメですね。

 

私も照明を買い替えようかな…。

 

電源タップは要確認

私のように水槽を専用台ではなく

別のもので代用しているのであれば

電源タップを必ず確認しましょう。

 

 

専用台でないということは

電源タップが水槽の近くにあるはず。

 

専用の台だったら

扉の中に収納できるので

水がかかる心配ないけど…。

 

電源タップが水に濡れていないか

必ず確認をしましょうね。

 

バトラクス
バトラクス

火事は怖いよ

地震への対策

いつ発生するか分からない地震に

どう対策ができるか悩みますよね?

 

 

正直言って

出来ることは限られてきます。

 

でも

出来ることは

やっておきましょう。

 

電源タップは隠す

電源タップは

水がかからない場所に隠しましょう。

 

ショートして火事になることを防ぐ。

これが目的です。

 

地震による直接被害じゃなく

二次被害を防ぐことも重要ですよ。

 

バトラクス
バトラクス

やはり専用台は有効だね

吸水シートを常備

地震の揺れで水が床にこぼれたとき

吸水シートでササっと拭き取りましょう。

 

我が家には2匹の猫がいるので

その猫用トイレの吸水マットを常備してます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デオトイレ 消臭・抗菌シート(10枚入)【d_ucc】【デオトイレ】[快適ねこ生活]
価格:754円(税込、送料別) (2019/8/19時点)

楽天で購入

 

 

 

ガラス蓋の代わりはアクリル蓋

無理にアクリル板を買うことないんですよ?

 

我が家は蓋をしていません。

 

ハチェットなどの

飛び出しそうな熱帯魚を飼育してませんし

たぶん大丈夫だろう…みたいな感覚です。

 

 

それでもやはり心配だったら

アクリル板を買いましょう。

 

60cm水槽だと

このサイズですね。

 

 

 

さいごに

地震に強い水槽や水槽の台があれば

それを使用するのがベストだろうけど

何やっても自然の力には勝てない。

 

自然とうまく付き合っていくことが

最善の道ではないかな。

 

私は地震発生時に

自宅にいたから

水槽を押さえることできたから

水槽の転倒被害を避けられました。

 

外出していたら

恐らく転倒していたでしょうね。

 

転倒防止のグッズあるけど

私は使用していません。

 

 

だって60cm水槽って

砂や流木など合わせると

80kgくらいになります。

 

簡単には倒れないだろう。

 

もし水槽が倒れるくらいの地震なら

家もどうなっているか分からない。

 

これが正直な答え。

 

だから私は

地震発生後の対応に

力を入れています。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント