【自作】好きな水槽を作ってみる

熱帯魚

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

熱帯魚好きが講じて、水槽を自作しました。
自作と言っても、既製品を自分なりにカスタマイズしただけ。
これが実際の写真です。

60cmのスリム水槽の上に、小型水槽を2個乗せた自作のオーバーフロー水槽です。
昔からオーバーフロー水槽が欲しかったんですけど、高くて買えなくて・・・。
だったら作ってしまえ!ということで、作りました。

材料を準備

この水槽を自作するにあたり、どんな水槽とどんなポンプを使用したのか、
1つ1つ解説していきます。

土台の水槽

まずは土台となる60cmのスリム水槽です。

GEXのデスクボーイという水槽を土台に使用しました。
この水槽を土台に選んだ理由は、上に乗せる小さな水槽のサイズと同じ、奥行きが17cmだったからです。
それと安いということも重要です。失敗しても痛みは少なく済みますから。

使用した水中ポンプ

自作水槽で使用した水中ポンプはコトブキのパワーヘッド9です。
なぜこの水中ポンプを選んだかというと、コトブキの水槽セットを購入した際に
付属品としてついてきたもので、使い道がなく余っていたからです。

しかしながらこのポンプの揚程で十分でしたので、おススメしてもいいかなと。
なんの問題もなく稼働しました。

小型水槽

上に乗せた小型水槽は、テトラのスマートメダカ飼育水槽セットです。

17cm四方の小型キューブ水槽で、プラ製ですので軽くて加工しやすいのがポイントです。
さらに安価ですので、失敗しても痛みは少ないですよ。
私は1個、思いっきり破損させました。

その他 小物

・底面フィルター
・ビニールホース
・Y字の分岐
・ヒーター

土台の水槽は、底面フィルターを使用しています。
底面フィルターから水中ポンプに直結し、径の合うビニールホースを接続し、
Y字のパーツでホースを分岐させ、各小型水槽へ水を流してます。

作るときの注意点

水槽メーカーが想定する使用方法を異なる使い方をするので、
何が起きても完全自己責任であることを了承してください。

小型水槽が落ちないように

土台の60cmスリム水槽の上に、小型水槽を乗せるだけじゃ不安定です。
小型水槽とは言え、水を入れると3kg以上にはなるので、落下すると危険です。

私は土台水槽の上部を熱で溶かし、小型水槽がはまるように溝を作りました。
これで少しは落下するリスクが回避できたと思っています。

小型水槽に穴をあける

土台水槽から水を小型水槽に流し込むので、
小型水槽がそのままの状態であれば溢れかえったしまうだけです。

オーバーフロー水槽ということですので、小型水槽の底には穴をあけます。
穴をあけたところから塩ビのチューブを立ち上げ、そのチューブから下の土台水槽に水を戻す仕組みです。

穴をあけるときは、細心の注意をはらい開けましょう。
私はハンダゴテの熱を利用し、少しずつ穴をあけました。

ここで私は無理な力を入れてしまい、水槽1個を破損させたんです。
焦りは禁物ですので慎重に、火傷やケガをしないようにしましょう。

穴をあけると、塩ビチューブをバスコークで固定します。
完全に乾くまで放置し、その後、水漏れがないかテストをします。
水漏れがないことを確認したら、アク抜きのため、1週間程度水に浸けておきます。

生き物を飼育するので、念には念を入れましょうね。

土台水槽の使い方

私は土台水槽にも熱帯魚を入れて育ててました。
しかし、この土台水槽は完全にろ過水槽として利用することも可能です。

むしろ、ろ過水槽として使用した方が、上の小型水槽で飼育する熱帯魚にとって最高の環境になります。
水の流れや、使用するろ材を工夫すると、もっと生物ろ過が有効に働くでしょうね。

私みたいにそのまま熱帯魚を飼うことも可能ですよ。
一応、底面フィルターで生物ろ過していますから。

飼育する最適な熱帯魚

この水槽で飼育するのに適した熱帯魚は、ベタのオスでしょう。
同じ水槽でベタのオスを飼うと、星になるまで闘いますから、無理なんですよね。
ベタは別名、闘魚ですから。

そんなベタが1番キレイに見えるときが、相手を威嚇するとき。
エラを立て、全身で威嚇する姿は見ごたえありますよ。

さいごに

憧れの自作水槽。
憧れのオーバーフロー水槽。

出来上がり、稼働させた時は感動でした。
自分のアイデアで、いろんな熱帯魚が飼育できる水槽が作れるなんて感動ですよ。
アイデア1つで普段の商品が劇的に変わるんです。

みなさんも身近な商品をリメイクして、楽しめるようにしませんか?

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント