泳ぐ宝石|スカーレットジェムの飼い方

熱帯魚

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

スカーレットジェムを知っているあなたは、本当に熱帯魚が好きなんですね。
水槽内を赤く彩る熱帯魚といえば、このスカーレットジェムでしょう。
まさに泳ぐ宝石。

出典:チャーム
大きくなっても3cm程度。
その小さな熱帯魚に秘められた大きな魅力。

ぜひ詳しく知ってください。

スカーレットジェムを飼う

熱帯魚屋さんやペットショップの熱帯魚コーナーでも、見かける機会は少ない方でしょう。

安定して入手したいのであれば、ネットでの購入がおススメです。
価格は、それほど高くございません。数百円程度のものです。
泳ぐ宝石は数百円程度です。

水温・水質は?

スカーレットジェムに適した水温は、25℃前後です。
この温度帯は、ほとんどの熱帯魚にも共通して言えます。

サーモスタット付きのヒーターを使って保温してあげてください。
ヒーターは水槽に適した商品を選んでくださいね。

夏場は水槽用のクーラーまたは扇風機で、水温の上昇を防いでください。
熱帯魚は高水温には弱いんです・
30度以上の水温は危険が伴います。ゆで魚にしないように、夏場の水温管理は注意してくださいね。

水質は、弱酸性~中性を好みます。
水草水槽で底砂にソイルを使用している水槽は、弱酸性に傾きます。

ただ、大磯砂を使用している水槽で、大磯砂を酸処理していないのであれば、少し注意が必要です。
大磯砂の中に入っている小さな貝殻が溶け出し、水質をアルカリ性に傾けます。
もし、底砂に大磯砂を使用しようとお考えでしたら、クエン酸などで大磯砂を酸処理してください。

エサは何がいい?

このスカーレットジェムは、肉食性の熱帯魚です。
人工飼料に慣れることは期待しない方がいいでしょう。

そうなるとエサはブラインシュリンプか、赤虫です。
私のおススメは赤虫です。

かなり食いつきいいですよ。

他の熱帯魚との相性は?

スカーレットジェムは、縄張り意識の高い熱帯魚ですので、あまり数多い水槽では難しいと思います。
とは言っても、隠れやすい水草や流木があれば大丈夫です。そこを住みかとして過ごします。
水槽の下の方や真ん中くらいまでを泳ぐことが多いので、上層に住む熱帯魚(ハチェットなど)との混泳は問題ございません。

しかし、エビとの混泳は難しいでしょう。
スカーレットジェムはスネールイーターの一種です。
小さな貝を好んでたべます。
もれなくエビも食べてしまいます。

もし、高価なエビを育てているのであれば、混泳は避けた方がいいでしょう。

寿命は?

私が飼育していたスカーレットジェムは、2年で星になりました。
これが長いのか短いのか分かりません。
しかし2年間は楽しめました。

あまりにも小さい体ですので、最後は他の熱帯魚の胃袋に入ったと思われます。

オスとメスの見分け方

スカーレットジェムのオスは、強い赤色をしています。
鮮やかな赤色に、青色の縦線が入っています。

メスはオスに比べてクリーム色っぽい色をしています。
オスよりも地味な色合いですので、見た目ですぐ判断できるでしょう。

注意点

スカーレットジェムは非常に小さな熱帯魚です。
ですのであまり水流が強いと、泳ぎ疲れて星になってしまいます。
フィルターや濾過機の水流は、弱くしてあげてください。

水流を弱くすることで、ろ過量が減ってしまうのが怖い場合は、
水流を防げる隠れ家(土管や流木等)を置いてあげてください。

大きな水槽で、たくさんの熱帯魚と飼う場合は、エサが十分に行きわたるか確認してください。
警戒心が強く、縄張り意識の強いスカーレットジェムは、他の熱帯魚がウロウロしていると、
なかなか表に姿を見せません。

エサをあげる際には、みんな食べることができているか確認してあげてください。

さいごに

とても小さな体なうえ、警戒心が強くなかなか表に出てこないスカーレットジェム。
しかしその魅力に気付くと愛してやまない熱帯魚の1つになること間違いなしです。

鮮やかに輝く赤色は、まさに泳ぐ宝石。
大切に育ててあげてくださいね。

オスとメスのペアで飼育すれば繁殖も可能でしょう。

小さいとはいえ立派な命です。
最後まで可愛がってください。

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント