淡水カレイを飼育してみませんか?

熱帯魚

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

淡水カレイを飼育してみませんか?
熱帯魚屋さんで購入可能です。

想像以上に可愛くて癒されますよ?


私が飼育している淡水カレイです。

可愛いでしょ?

大きさは5cm程度まで成長します。
そこまで大きくなりませんので、60cm水槽でも容易に飼育できますよ。

飼育は難しいのか?

淡水カレイの飼育は難しいのか?

結論から言いますと、優しい方です。
私はそう思っています。

病気などで星になったことないんで。

購入してから水槽への導入時に、
ちゃんと水合わせをしていれば大丈夫ですよ。

淡水カレイは底物系ですが、
水槽のガラス面にピタッと貼り付いていることもあります。

そのまま上に上に行ってしまい、万が一の場合ですが飛び出る可能性もございます。
水槽のフタはキチっとしましょうね。

淡水カレイのエサは?

淡水カレイは何を食べるのか?

基本、赤虫を与えていれば大丈夫です。
私が育てている淡水カレイは人工飼料を食べたことはないんです。

赤虫は食いつきが良いですよ。

あとは水槽の中で飼育している種類には気を付けてくださいね。
淡水カレイは比較的ゆっくり泳ぎます。

つまり、エサにありつけるまで多少時間がかかるのです。
カラシン系の動きの速い魚と混泳していれば、恐らく食べはぐれるでしょう。

また底物系が多い水槽でも食べはぐれる可能性がございます。
ですので、エサをあげる際は注意してくださいね。

混泳は大丈夫?

基本的に混泳は大丈夫です。

私の水槽では、かなりの混泳具合です。

この中で淡水カレイは生活しています。

食べはぐれることもなく、ケンカもなく。
底に敷いた大磯砂の上をフヨフヨと泳いでいます。

我が家の水槽ですが

  • 淡水カレイ 1匹
  • ネオンテトラ 30匹
  • エンゼルフィッシュ 3匹
  • アフリカンランプアイ 5匹
  • アカヒレ 5匹
  • サンセットドワーフグラミー 1ペア
  • ゴールデンデルモゲニー 1匹
  • コリドラス パンダ 3匹
  • タイガープレコ 1匹
  • バジスバジス 1匹
  • ヤマトヌマエビ 10匹

こんな環境で1年以上生活しているんで大丈夫。

気を付けないといけないのは、底のエサを探るような魚種。
例えばシクリッドやアピスト系、金魚など。

底に沈んでいるエサを探すような仕草をする魚種は、
淡水カレイを傷つける恐れやストレスを与える原因になるので、避けましょう。

適した環境

こういう底物系の熱帯魚は、大磯砂のような粒の大きい底砂は不向き。
本来であれば砂のようなサラサラした底砂が良いんです。

自然界のカレイは砂の中に身を潜めて生活しています。
砂の中に潜ることで他の魚から身を守っているんです。

大磯砂のように荒い底砂だと、隠れることができず
少なからずストレスに感じる子もいるでしょう。

もし淡水カレイのみを飼育するのであれば、
砂のような粒の小さい底砂を用意してあげてください。

さいごに

淡水カレイは地味ですが、魅力のある熱帯魚です。
底から上目遣いでキョロって見てくる仕草は癒されます。

底物なので、どこにいるかを探す楽しみもありますよ。

色鮮やかな熱帯魚が多数存在する中、
地味でも存在感がある淡水カレイの魅力は、
飼育した人にしかわからないものなんです。

さあ、
あなたも淡水カレイを飼育して癒されてください。

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント