災害に備えて不安から解放されませんか?

災害に備える

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

いつ起こるか分からない自然災害。

少しの備えで大きく変わりますので、
この記事読んだら行動してください。

その行動が命を救うことだってあるんですから。

必需品

今から紹介するものは、必ず用意しておきましょう。
比較的、省スペースなものですので、カバンの中や
家の中でも目に触れるところに保管しましょう。

モバイルバッテリー


これ必ず必要です。

今のスマホ、
色んな機能が備わっています。

災害時に必要な
懐中電灯やラジオなど、スマホに備わってます。

電波さえあれば、あらゆる情報が手に入ります。

災害時に必要な情報を逃さず調べていると
バッテリーが減っていきますよね?

バッテリー切れで情報を逃す前に
モバイルバッテリーで充電しましょう!

水・水を入れるタンク

食べる前に飲む。

食べるより、飲み水の確保が重要です。
まずはペットボトルの水が必要です。

2Lのペットボトルの水6本入りを2ケースは必要でしょうか。
夫婦2人で1週間は大丈夫でしたよ。

そして生活用水の水を確保するためのタンク。
イメージとして灯油を入れるポリタンクです。

でもこれじゃあ必要ない時に保管場所に困りますよね。
そんな時は折りたたみ可能な給水タンクがございます。

これで必要ない時でも保管に場所を取りません。

ウェットタオル

手が汚れている。

食料が支援された。

手が洗えない。

そんな時に役立つのが、
ウェットタオル。

アルコールが入っているものは
消毒代わりにもなります。

被災時に気を付けないといけないのが感染。
あらゆるところが感染源です。

そのために、消毒は必須です。
病気になってしまっても、なかなか手当てできませんからね。

あると嬉しい

必需品より必要度は下がりますが、あると嬉しいもの。

毛布

災害なんて、いつ来るか分かりません。
冬場に被災すると、暖をとるすべも必要です。

そんな時、毛布があると助かりますよね。
ただ、少し場所を取るのと、持ち運びには重いかな。

毛布は暖をとるだけじゃございません。
地震などが発生しますと、辺り一面がガラスの海になることもございます。

そこを裸足で移動するなんて無理ですよね。
そんな時、毛布があれば大丈夫。

上からかぶせて、安全に移動できますね。
毛布の使い方は、いろいろありますよ。

ラップ

これも優れたものです。
毛布同様に暖を取ることができます。

それ以外に、食器の代わりにもなります。
おにぎりを取り扱う時に最適ですよ。

手も汚れませんし、
そのまま使い捨てられる。

腐って悪臭を放つこともございませんし、
ゴミとしてもかさばりません。

優秀です。
ラップは優秀です。

さらに傷口の止血として、使うこともできます。
本当に優秀です。

携帯用ビデ

これ必要ないでしょって言われますが、私は必要だと思ってます。
どうしても衛生面は気になるので。

災害時は体調を崩しやすくなります。
便秘になったり下痢になったり。

その処理を怠ると、感染病が発生するんです。
食中毒なんか用便後の手洗いとかが出来てないと、すぐ発生しますよ。

衛生環境が悪い中で、少しでも感染を防ぐのならば、携帯用ビデは必要です。
女性の方でも生理中に被災すると、絶対必要でしょ。

体のリズムはコントロールできないんで、備えておくことが望ましと思います。

さいごに

本当に自然災害は、いつ来るか分かりません。

台風など、ある程度予測ができるものもあるでしょうが、
予測ができても対策していなければ意味が無いんです。
頭で分かっていても、対策してなければ、何の意味もないんです。

行動するかしないかが、運命の分かれ道でしょうね。

しっかり対策していると、気分的に解放されます。
これ間違いないです。

私も被災経験者ですから。
準備してなかったんで、自分のことで精一杯だったんです。

周囲を見ている余裕なんて無かった。
誰も助けることができなかった。

ある程度で良いので、備えてください。
そして、1人でも多くの人を救う行動をしましょう。

備えるのは自分のためだけじゃないんです。
そこから生じる余裕が、誰かを救えるんです。

だから準備が必要です。
少しでも不安から解放されましょう。

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント