Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/freedlife/freedlife.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

熱帯魚が夏の高水温でも過ごせる対策と裏ワザ

熱帯魚

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

 

 

熱帯魚を飼育していると

必ず毎年のように悩むのが

夏場の高水温。

 

対策方法はあるんですが

お金かかるんですよね…。

 

扇風機買ったりクーラー買ったり。

 

別の方法あるんじゃね?

って感じたので、その対策と裏ワザを書きます。

 

バトラクス
バトラクス

裏ワザって、ある?

Yoshihiro
Yoshihiro

あまり期待しないでね

 

 

高水温でも過ごせる

ものすごくシンプルに書きます。

 

私たち日本人が

赤道直下の国に行ったとしたら

どう感じますか?

 

暑くないですか?

 

 

まぁ私は国外に出たことないんで

実際はどうなのか知りませんが…。

バトラクス
バトラクス

海外経験ないんかい!

 

 

でも現地の人は

日本人が暑がるほど

暑く感じてないでしょう。

 

 

だって慣れてるから。

 

 

ずっと暑い環境だから

体が慣れているのですよ。

 

つまり

熱帯魚にも

その応用です。

 

バトラクス
バトラクス

何言ってんだコイツ…

 

高水温でも過ごす対策

熱帯魚に高水温で過ごしてもらうために

やはり対策が必要になります。

 

 

その対策とは

トレーニングです。

 

 

じわりじわりと水温が上がってくる

初夏の季節から始めましょう。

 

 

そのトレーニングに必要なのは

サーモスタット付きのヒーター。

 

 

熱帯魚飼育に必需品のヒーター。

 

すでにサーモスタット付きの

ヒーターをお持ちのあなたは

すぐにでも始められますよ。

 

サーモスタット付きのヒーターがないのであれば

このトレーニングをやめてしまうか

今のヒーターを予備にまわして

心機一転にサーモスタット付きのヒーターを買うかですね。

 

 

60cm水槽だったら、この商品になりますね。

 

高水温でも過ごす裏ワザ

さぁいよいよ裏ワザの紹介ですよ。

 

私はこのブログで散々

熱帯魚の適正水温は26℃だと書いてきました。

 

その適正水温を

変えてしまうんです。

 

 

そう

トレーニングとは

じわりじわりと水温を上げること。

 

5月を26℃で過ごさせ

6月は27℃で過ごさせる。

 

7月は28℃で過ごさせて

その水温を維持する。

 

こうすることで

万が一、水温が31℃になったとしても

上昇したのは3℃だけ。

 

26℃から31℃まで水温が上がると

5℃も上昇したことになるんですよ。

 

高水温よりも

水温の差が大きいほうが

熱帯魚には負担になるんです。

 

 

あなたも

炎天下の中を歩いて

クーラーの効いた部屋に入って

これを繰り返すと

体調を崩したりしませんか?

 

 

つまり

人間も熱帯魚も

温度の差が大きいほど

体に負担がかかるんですよ。

 

 

その差を少なくすることが

裏ワザなんです。

その対策として

サーモスタット付きのヒーターが必要なんです。

 

分かりました?

バトラクス
バトラクス

分かったけど…。

水温の変化を知る

頭の中では、何となく分かっても

実際、本当にどれだけ水温が変化しているのか。

 

 

あなたは1日中

水温計とにらめっこしたこと

ありますか?

 

1時間ごとに

水温を記録したこと

ありますか?

 

 

そんなこと

しませんよね?

 

バトラクス
バトラクス

そこまでヒマじゃないし…

水温の変化を知るために

1日に水温がどれくらい変化するのか

実際に記録をとってみないと分かりませんよね?

 

 

 

そんな時に役立つのが

この水温計です。

 

 

 

 

我が家の水槽には

この水温計を付けてます。

 

バトラクス
バトラクス

確かにあるね~

水温表示の液晶部分と

水温を検知するセンサー部分が離れているので

水槽内のレイアウトを邪魔しないのも良いですね。

 

水温の変化は場所による

水温の変化を知るために

水温計を準備しましたが

センサーを設置する場所が重要。

 

 

ヒーターの近くだったら

水温が安定しているように記録されます。

 

本当の水温変化を知りたければ

ヒーターから遠い水面付近です。

 

ただ

水面付近だと極端な結果にもなります。

 

私は

ヒーターから一番遠い

水槽底砂の大磯砂に埋めてます。

 

 

こちらの記事も参考にどうぞ。

 

さいごに

熱帯魚が夏の高水温でも過ごせる対策と裏ワザは

どの熱帯魚にも通じるものではございません。

 

本当に高水温に弱い熱帯魚もいます。

 

ここで紹介した方法は

あくまでも私が実践した手荒い方法。

 

水槽用クーラーを購入する資金のない

そんな飼い主が考え出した手荒い方法。

 

本来であれば

水温を冷やして

適正な温度で飼育するのが良い。

 

 

 

分かっちゃいるけど…ね。

 

あまりおススメできる手段じゃないけど

それでも熱帯魚を飼育したい人に

最終手段として見てもらえれば嬉しいですね。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント