猫で解放されませんか?

保護猫

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

突然ですが、
猫と一緒に暮らします。
2018年11月4日より、白猫2匹と一緒に暮らし始めました。

ペットショップで出会った子ではなく、
捨てられたり虐待受けた子などを管理されている施設から譲渡していただきました。

夫婦そろっての猫好き。
楽しい生活が始まりましたよ!

なぜ保護猫なのか

なぜ私たちはペットショップではなく、施設からの譲渡を選んだのか。

ペットショップの猫の方が血統書付きで可愛いのでしょうけど、
ペットショップの猫はなぜか魅力が無いように感じたんです。

しかし保護猫たちは精一杯生きようとする、その魅力に溢れていた。
何にしても必死で、何にしても全力。

ペットショップみたいに個別の部屋ではなく、大部屋での集団生活。
集団になじめる子もいれば、そうでない子もいます。
そんな中でも、一生懸命に生きる猫たち。

その魅力に共感した私たちは、ペットショップの猫よりも施設の猫を選んだのです。
保護猫たちの目はキラッキラしてますから。

保護猫は無料ではない

ペットショップでは、猫や犬は販売されています。
月齢や種類によっては、数十万しますよね。

じゃぁ保護猫は、譲渡だから無料ではないのか?

答えは「いいえ」です。

無料ではございません。
最低限かかる費用は支払いが必要です。

  • ワクチン代
  • 去勢手術費用
  • ケガや病気などの治療費

最低でも、この3つの項目に関しては支払いが必要です。

性別にもよるでしょうが、1匹あたり2~3万円は必要でしょう。
今回、私たちの所に来てくれた猫は1匹あたり24,500円必要でした。
2匹譲渡していただきましたので、49,000円です。

この値段を、高いと思うか安いと思うか。
血統書付きではないですが、猫に変わりはございません。

ある程度、性格が分かる血統書付きより、
いろんな血が混ざった雑種の方が、楽しいと私は思っています。

猫と触れ合える

ペットショップでも猫とは触れ合えますよね。
気になる猫を抱っこさせてくれる店もあります。

今回の保護猫は、保護猫カフェを運営する
ボランティア団体より譲渡していただいた猫です。

つまり、保護猫が集まっている保護猫カフェに足を運び、
そこで実際の猫と触れ合い、一緒におもちゃで遊んだりして、
猫との相性を確認することができるんです。

ペットショップにはない最大のメリットでしょう。

ペットショップで高額な猫を購入しても、
思っていた性格と違ったなどで飼育放棄する人もいます。

これが解消されるだけでも、本当に素晴らしいことでしょう。

私たちも、保護猫2匹を迎え入れるまで2か月間、
毎週末は保護猫カフェに行き、検討に検討を重ね行動しました。

猫と直接触れ合っても、性格を把握するまで2ヶ月かかった。
正直言って、ペットショップで猫を見ただけで購入するのは、難しいですよ。

一緒に暮らす覚悟

猫と一緒に暮らすと、楽しいことばかりではないですよ。

私たち夫婦も、それぞれ独身時代に猫を飼っていましたので、
その大変さは理解しているつもりでいます。

人間と違うので、言葉での表現はない。
1つ1つの動作や仕草、食事量は排便状況から体調を把握する。

もちろん病気にもなるだろうし、ケガもするだろう。

食事にトイレにと、お金も必要になってきます。
良いことばかりではない。

その現実をしっかり受け止め一緒に暮らします。
目安として、猫1匹あたり1ヶ月5,000円位はかかるでしょう。

猫が好きだから、
猫と一緒に住みたいから、
こんな安易な発想で、猫との生活を始めないでくださいね。

お互いが不幸になってしまいますよ。

ご飯は慎重に検討すること

猫のご飯は、コンビニでも売られています。
ペットショップでは、毛玉ケアとか腎臓サポートなど、
様々な機能を持ったご飯も売られています。

いったい、何が良いのか。

結論、小麦・トウモロコシが入っていないご飯を選んでください。
小麦やトウモロコシは、食物アレルギーの原因食材でもあり、
猫にとって消化困難な食べ物でもあるんです。

積極的に与えることはしないでください。
特に、生の状態での小麦やトウモロコシは危険ですので絶対与えてはダメ。

これらの食材を避けてください。
猫は基本的に肉食の動物です。
鶏肉などが豊富に入ったご飯をあげてくださいね。

ご飯のパッケージ裏面に「原材料名」という項目がございます。
ここには、たくさん使われている材料から順番に記載されていますので、
先頭に肉が書かれていれば、肉をたくさん使っているご飯だということです。

運動環境を整えること

今では外出自由な飼い猫は少なくなってきています。
ほとんどが家猫としての生活を送っているでしょう。

そうなると心配になってくるのが運動量。
猫は上下に運動することが必要な動物です。

つまり、キャットタワーが必要になってきます。

キャットタワーがなくても、
背の高いタンスや冷蔵庫の上などを
好んで上がることが多いです。

一戸建てのお家でしたら、
階段を駆け上がることで運動量が確保できますが、
マンションやアパートですと困難ですよね。

予算がゆるされるのであれば、
キャットタワーを購入してあげてください。

ストレスから解放させること

猫だってストレスを抱えます。
想像以上にストレスを抱えます。

ストレスを解消するために、おもちゃを用意してください。
「けりぐるみ」は、最高のストレス解消おもちゃじゃないかと思います。
手で捕まえて、両足で蹴って遊ぶ「けりぐるみ」。良いですよ。

爪とぎの段ボールも設置してください。
爪とぎはストレス解消にもなります。

100円ショップでも売られていますので、
爪とぎを用意してください。

残酷な現実

悲しい話ですが、
ネコの虐待件数は増加しています。

2017年は68件も発生しております。
これは実態が分かったもののみです。

実際は、もっと多いでしょう。

この悲しい現実。

1匹でも多くのネコを
この悲しみから解放したい。

国も地方自治体も
積極的に取り組んでます。

 

私たちのネコちゃんは、ここから来ます。

 

 

私たちにできること、
これからも増やしていきます。

個性のカタマリ

人もそうですが、
ネコも個性のカタマリです。

人に慣れてる子もいれば、
人に怯える子もいます。

よく鳴く子もいれば、
おとなしい子もいます。

おもちゃで遊ぶ子もいれば
興味のない子もいます。

生まれつき障害がある子に
病気がちの子。

それもすべて引き受ける覚悟。
これが無いと保護猫を引き受けるのは困難でしょう。

何があっても自分の責任と
そう言える覚悟が必要です。

この個性のカタマリと、
今後どう向き合っていくか、
ワクワクが止まりませんね。

ちなみに我が家に来た2匹も、
先天性の違いがあったり病気がちの子です。

満たされ解放されていく

もっと保護猫のことや
企業、施設の取り組みを知り、
私たちにできること少しずつ増やしていきます。

1匹でも多くのネコちゃんが、
虐待や野良から解放され、
その生活が満たされていくことを支援します。

もしこの記事をお読みになり、
少しでも興味がわきましたら、
ぜひ各地域の支援団体様を訪問してください。

広島にお住まいの方は、
「ねこみみ」に来てください。

さいごに

血統書付きで生まれてきたネコちゃんだけでなく、
人知れず生まれてくるネコちゃんにも、
同じ幸せがあってもいい。

1匹でも多くのネコちゃんを
ツラい現実から解放したい。

その想いで
今後も保護猫を支援していきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント

  1. […] 何を選んでいいか迷いますよね。 そんなあなたには、こちらの記事をどうぞ。 猫で解放されませんか? とりあえず、今まで何を食べてきたのかを聞いて、 同じ物から与えてみましょう […]