猫の寝る場所やクッションは何が良いか検証してみた

保護猫

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

猫ちゃんって本当にいろんな場所で寝ますよね。
日当たりが良いところや狭いところ。

なんで?って思うようなところで寝ませんか?
我が家の猫ちゃん2匹も、いろんなところで寝ています。

そこで気になるのが、どんなクッションで寝ているのか。
普通のクッションから、ドーナツ型のクッション。
家の形をしたクッションまでたくさんあります。

我が家で使っているクッションで、
どんな形のものが、どこに使うと良かったかを書いていきます。

使ったクッション

我が家で使っているクッションは、

  • 長方形の壁のないタイプ
  • 楕円形の壁のあるタイプ
  • 家の形をしてタイプ
  • 断熱効果のある薄型タイプ

これらのクッションを使っています。

長方形の壁のないタイプ

このクッションは本当に簡素なもので、
床に直接寝るにはちょっとかわいそう・・・を改善するため買ったものです。

使い勝手が良さそうだったので、
リビングに置いたり、寝室に置いたり、
どこが使いやすいか検証しました。

すると、日当たりの良い縁側に置いていた場合、
日向ぼっこするときに使っていました。

クッションの上をゴロゴロと転がってます。

楕円形の壁のあるタイプ

このクッションは、もたれかける壁があり、
少しゆっくりできるかなと思い購入しました。

ゆっくりすることを目的としていたため、
基本的には寝室に置いていました。

最初は寝室の、ベッドの足元付近に置いていましたが、
どうも利用率が悪く、どこなら使うか探していると、
良い場所が見つかりました。

それは、枕元。

ベッドの枕元近くに、このクッションが置ける
引くテーブルを設置し、その上にクッションを置いてます。

すると、夜は猫ちゃんそこで寝てます。
人間のベッドに来ることもあるんですが、
基本的にはクッションで寝ています。

居心地いいんでしょう。
ずっとグルグルとノドを鳴らしています。

家の形をしているタイプ

これはクッションと言えるのかどうか。
ただ、家の中はフカフカのクッションでできていますので、
クッションの扱いとしました。

大きさがあるので、我が家の猫ちゃん2匹がゆったりと入れます。

このタイプのクッションは、利用率が低いんです。
あまり使っているところを見てません。

設置場所はリビングですが、
リビングにはキャットタワーもあるし、
特に需要が無いのかもしれませんね。

別の部屋にでも置いてみても、
入っては出ての繰り返し。

我が家の猫ちゃんは、
お気に召さなかったようですね。

断熱効果のある薄型タイプ

このクッションは、寒い我が家で過ごすための必需品です。
夏場は活躍しませんが、冬場は大活躍です。

特に猫ちゃんが我が家に来たのが11月。

寒くなりつつある季節に、
猫ちゃんは環境が変わったんです。

板間の部屋の隅っこで、固まっていた2匹。

最初に我が家の環境に慣れだしたときに使ったのが、
断熱効果のある薄型タイプのクッションでした。

寒い地域にお住いでしたら、使ってみる価値はあるでしょう。

さいごに

猫ちゃんが寝るときに使うクッション。
猫ちゃんがくつろぐときに使うクッション。

いろんな目的で、それぞれに合ったものを選んでください。

何が良いか使ってみないと分かりませんよね?
私が使った物は、とことんお伝えします。

参考にしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント