猫の爪切りは何を基準に選べばいいの?

保護猫

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

伸びた猫ちゃんの爪、引っかかれると痛いですよね。
爪とぎ用のダンボールを設置しているけど、あまり効果が・・・。

やはり、
爪切りで切るのが早い。

で、猫ちゃん用の爪切りを探したけど、
い~っぱい検索結果が表示されて、
何を買えばいいのか分からない。

そんなあなた。

この記事を読むと、
どんな爪切りを買えばいいか、
決まりますよ?

爪切りは危険

猫ちゃんの爪切りは、なかなか難しい作業です。
私が知る限り、大人しくしている猫ちゃんは少ない。

実際、私も寝ている猫ちゃんの爪を切ります。
起きている猫ちゃんは、ケガのリスクが付きまといます。

可能であれば、寝ている猫ちゃんの爪を切りましょう。

手早く正確に切る

危険と隣り合わせの爪切り作業。
もちろん使う爪切りは、扱いやすいものが安全です。

扱いやすい爪切りとは、
持ちやすい爪切りです。

よく「はさみ」タイプの爪切りが売られてます。
これ、私個人の意見では使いにくい。

「はさみ」タイプのすべてが使いにくいのではなく、
指を入れる部分が、小さい「はさみ」タイプ。
親指と人差し指しか入らないアレです。

これが使いにくいんです。

私がおススメするのは、「握る」タイプ。
猫ちゃんの爪先には、細い血管が通ってます。

そこを切らないように正確に作業するためには
手元が狂わない「握る」タイプの爪切りを私はおススメしています。

安全に切る

私が使用しているのは「握る」タイプの爪切りと、
「人間用」の爪切りを使用しています。

自分の爪を切るのに、非常に扱いなれているので、
猫ちゃん用に準備しました。

人間用の爪切りを猫ちゃんに使うことが
良いのか悪いのか分かりませんが、
私はコレでも爪を切っています。

やはり慣れた爪切りなので、
私は安全に切ることができています。

どこまで切ればいい?

猫ちゃんの爪先には、細い血管が通っています。
切りすぎると出血してしまいます。

私は何度か、出血させてしまいました。
ごめんね、猫ちゃん・・・。

原因は、深く切りすぎたこと。
当たり前なんですが・・・。

ですので、
爪先を、ちょっと切るだけでいい。

これだけで、全然違います。

するどくとがった爪先の
ほんの数ミリを切る。

これだけで全然違います。

深く切ろうと思わずに、
爪先を切ることに専念してみてください。

さいごに

猫ちゃんの爪切りは、
飼い主さんが絶対しないといけない作業ではございません。

獣医さんにお願いするのもアリです。
獣医さんや動物病院のスタッフさんは、
猫ちゃんの爪切りに慣れています。

可のであればその時に、
どんな爪切りを使っているのか、
どのようにして爪を切っているのかを
教えてもらうのも良いでしょう。

いざというときに爪切りができるように。
少しは勉強してても良いでしょうね。

かわいい猫ちゃんの爪で引っかかれないように
ケガをしないようにしてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント