猫よけのトゲトゲマットの効果が無かった我が家

保護猫

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

ブログのアイキャッチ画像に映っている白猫ちゃん2匹。
我が家のニャンズです。

手前が「コウメ」。
奥が「サクラ」。

この2匹に対しては、
猫よけトゲトゲマットの効果は無かった。

どうしても侵入してほしくないところに
設置したトゲトゲマットは、ただの置物になりました。

どこに設置したのか

設置した場所は、我が家のキッチン。

対面式のキッチンで、
すぐそばにはバトラクスキャットの水槽があるんです。
バトラクスキャットの飼い方を徹底解説

そのバトラクスキャットの水槽の
上部フィルターに乗ったり照明に乗ったり。

その足元には、猫ちゃんたちのフードトレーが置いてあるので、
万が一、頭上に落ちてはいけないと思い、
猫よけのトゲトゲマットを設置したんです。

まさか家の中にトゲトゲマットを置くとは・・・。

なぜ効果が無かったのか

トゲトゲマットのトゲの長さは5cm程度あります。
先端部分は丸みを帯びていて、ケガをすることは無さそうです。

でも人間が踏んだら痛いでしょう。

そんな猫よけトゲトゲマットですが、
トゲとトゲの間が、猫ちゃんの足のサイズと、ほぼ同じ。

つまり、トゲとトゲの間を、
うまく歩くことができたんですね。

で、本当に邪魔だと思ったんでしょう。
器用に猫よけトゲトゲマットを手で移動させてました。

帰宅したときに、猫よけトゲトゲマットが、
キッチンのシンク内に落下してました。

動かないように固定した方がいいみたいですが、
すき間にホコリが溜まるので、却下しました。

負けじと対策を

100円ショップで購入したとはいえ、
せっかく入手した猫よけトゲトゲマット。

このまま終わらすわけにはいかないので、
ありとあらゆる手段を講じています。

まずは、
トゲトゲマットのトゲとトゲの間を無くすように、
2重に敷いてみる。

→ 猫パンチでシンクに落とされる。

トゲトゲマットの範囲を広げてみる。

→ キッチンの使い勝手が悪くなった。
→ 結局、トゲとトゲの間を歩く。

今のところ、何の対策もできていません。
猫ちゃんって思った以上に頭が良い。

これからの対策

もはや猫よけトゲトゲマットは、
我が家のニャンズには効果が期待できません。

ですので、
突っ張り棒を並べてバリケードを設置します。

これで大丈夫・・・かな。

猫よけトゲトゲマットは、
まったく効果が期待できないものではないでしょう。

ただ、我が家のニャンズには効果が無かっただけです。
本来の使い方ではなかったんでしょうかね。

さいごに

我が家のニャンズには効果が無かった
猫よけトゲトゲマット。

もしかすると同じ経験者がいるかもしれない。

これから猫よけトゲトゲマットを
設置しようとしているあなた。

我が家のニャンズみたいに、
効果がないかもしれませんよ?

まずは100円ショップの商品で試してみてください。
本当は、動かないように固定するのが良いんでしょう。

ホコリが溜まるの覚悟で、固定しようかな・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント