スポンサーリンク

管理栄養士を目指す男の大学生活を解放するよ

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

私が過ごした大学生活の4年間を解放します。
この記事を参考に、管理栄養士を目指す男が増えるでしょう。

楽しいキャンパスライフを余すことなく解放します。
バイトにサークル、友達と恋愛。
飲酒・喫煙の解禁など、話題は盛りだくさんです。

気になる項目から読んでくださいね。

学生時代のバイト

私は長くバイトしていて約2年。
それ以外は短期バイト(日雇いバイト)でした。
どれも友人の紹介で入ったものばかりです。

居酒屋編

私が大学時代、1番長くバイトしていたのは居酒屋です。
大学2年生から3年生の終わりまで、約2年間していました。

理由は単純で、時給が良かったからと酒が好きになったから。
居酒屋はチェーン店ではなく、個人経営の居酒屋で時給は900円だったかな。
今はもう少し高くなっているかもしれませんね。

バイト時間は夕方16時から22時までか、18時から24時までのどちらか。
1日6時間で週4日程度のバイトでした。月給80,000円から100,000円の間でしたね。
かなりいい生活ができましたよ。

主な業務内容は厨房内での簡単な調理や盛付作業。
そして接客など何でもやらせてもらいました。

6時間立ち続けるより、笑顔を作る方が大変でした。
疲れてくると自然と笑顔が無くなるんですよね。
やはり店長はプロでした。どれだけ疲れても常に笑顔。
私がミスして怒るときも笑顔ですから、なおさら怖かった・・・。

居酒屋でバイトするのは楽しいですよ。
チェーン店より個人店の方が、客層は穏やかかもしれません。
単価の高い居酒屋ですと、経済や政治などレベルの高い会話に参加できますよ。

短期バイト編

短期バイトは数えきれないくらいやりました。
特に稼げたのが引越補助のバイト。日給10,000円を超えた時もありましたよ。
ただし、体力勝負なのと家財道具を傷つけないように作業するなど、体力と神経を消耗します。

私が好んで入ったのは3月のピーク時です。
お客さんとしては大学の卒業生や春に向けての入学生などで、荷物が少ないんです。
大きな家具や家電もないので、比較的楽な作業でした。最高1日に4件こなした記憶があります。
体力に自信のある人は短期で稼げる良いバイトですよ。

あとはコンサート会場などの誘導や案内。
新規オープンの居酒屋のビラ配り。
街頭でのポケットティッシュ配り。
ホテルの配膳業務。

どれも短期バイトで、入れるときに入ってました。
居酒屋と並行して、これらをやってはないですね。
どちらかと言えば、大学4年時に多く短期バイトやってました。

管理栄養士という国家資格を目指すために大学進学したので、
さすがに4年時は勉強中心の生活でした。バイトも短期バイトにして勉強に集中です。

社会経験を積むためにバイトはおススメですよ。

学生時代のサークル活動

中学時代からギターを弾いていたので、迷うことなく軽音楽部へ入りました。
ガチでデビューを目指すバンドもいれば、ゆる~く活動しているバンドもいて、楽しかったですね。

学生時代しか楽しめないこともあるでしょう。
サークル活動は思い切り楽しんでください。

私も定期的に開催されるライブに参加したり、自主的に開催したライブに参加したり、
有名なインディーズバンドと対バンしたりと、忙しかった記憶があります。でも楽しかった。
在校生が開催する「新入生歓迎ライブ」に新入生ながら参加したのは私だけ。
しつこく出演交渉していたら出してくれました。何事も行動力が大切ですよ。

学年や学部、在校生や卒業生と垣根を超えて様々な人と交流できるのがサークルの良いところですね。
サークルに所属したら、思いっきり行動範囲を広げてください。
その後の人生を左右する人に出会えるかもしれませんよ。私は出会いましたから。

学生時代の友達

現在も続けて連絡を取り続けている人は、私にはいません。
大学時代の友人とは、疎遠になっています。
別にケンカ別れしたわけでもなく、自然にこうなりました。
学生時代は仲が良かったですよ。

特に最近まで連絡を取っていたのが、ベトナムの民族音楽研究の第1人者になった人。
偶然、大学時代に住んでいたアパートの2つ隣に住んでいた彼と、ゴミ捨てをきっかけに仲良くなりました。
ゴミ捨てがきっかけってすごくないですか?
重そうなゴミを持っていた彼に声をかけ、ゴミ捨て場まで一緒に運んだことがきっかけです。

そこから仲良くなり、彼がベトナムに旅立つまで10年の交流。
何がきっかっけで、どうなるか分からないのが友達です。

この人は!と思う人がいたら、末永くお付き合いした方が良いですよ。

学生時代の恋愛

すったもんだ、いろいろ経験をさせていただきました。
でもいろんな感情を素直に表現できたのも、この時期だと感じています。
試験前とかイライラしているときでも、同じ学部に彼女がいれば助け合えますよね。
私は同じ学部に彼女いませんでしたが、助け合っている光景は何度も見ました。
青春ですね。

大学時代の恋愛って、良い思い出と同じくらい悪い思い出もあります。
若気の至りで浮気をしたり、約束を忘れて飲みに行ったり、散々でしたね。
でも、くだらないことで笑い合えたり、同じ夢見て徹夜で話したり、
授業を抜け出してスイーツのお店巡りしたり、映画を見に行ったり。
今でも思い出せるくらい鮮明な記憶です。

大学時代の恋愛は全力で彼氏、彼女と向かい合ってください。
喜怒哀楽を出し切ってください。

良い付き合いができますよ。

お酒の失敗談

私の恥をさらします。
誰もが経験あるでしょう、お酒の失敗談。

20歳になり、初めて口にするお酒。
あまりの美味しさに思わず飲みすぎたりしませんでしたか?
私はビールの苦みにはまってしまい、飲みすぎた経験があるんです。

飲みすぎないように気を付けて下さいね。
泥酔して意識を失ったことは無いにしても、吐いたりして迷惑かけました。

お酒での失敗談って、大学生以外でもよく聞きます。
良い大人も失敗するんです。
学生のうちは許せる部分もあるでしょうけど、飲みすぎには気を付けて下さい。
それと、飲んだら絶対、車の運転は禁止です。
タクシーで帰りましょう。

さいごに

管理栄養士を目指す男の大学生活を解放しました。
ちまたでは大学に行くことに意味があるのかないのかの議論がされています。

明確な目的、目標が無いのであれば行く必要はないでしょうね。
私も別の形で管理栄養士の資格が取れるのであれば、大学には行ってないでしょう。
高卒の人でも中卒の人でも、社会に出て活躍している人たくさんいます。

高卒で働くということは、大卒の人よりも4年も早く稼ぎに行くわけです。
稼ぐだけではなく、4年の間に知識と技術も身に着くんです。
プロ野球のドラフト会議でも高卒ルーキーが1位になったりしますよね。
闘う世界にもよると思いますが、すべて大卒が有利だというわけではないんですよね。

大学に行って、何かを本気で学びたい人は、4年という時間と多額の費用を払い、成果を得て下さい。私みたいに。
そうでなく、何となく、みんなが大学に行くから・・・みたいな理由で大学に行くのは、
正直言って4年の時間と多額の費用を無駄にすると思います。

その時間と金額があれば、会社作ってやりたいことやりましょうよ。
それができる環境にいる人が、私はうらやましく思います。
時間は取り返せません。
お金は、がんばれば取り返せます。

取り返せない時間を、有効に過ごしましょう。
私みたいに、後悔しない人生を。

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント