sonyα6000のストロボ部分には水準器付きホットシュー

生活

ブログを書いているYoshihiro(@yoshihiro_free)です。

私が2017年の8月から使用しているミラーレス一眼カメラ、sonyのα6000。
そのカメラのストロボ取り付け部分は、むき出し状態です。

ストロボが取付できるように、
電気的な接続部分があるんですが、
コレがむき出しの丸見えなんですよね。

カメラを丁寧に取り扱っているんですけど、
どうしてもホコリが溜まってしまったり・・・。

ブラシでかき出しても、気付けばまたホコリが。
金属部分もサビたりしないか、傷が付いたりしないか心配で、
この度、ついにホットシューカバーを購入しました。

しかも水準器付きの商品。
これで水平に写真を撮りやすくなった!

早く買えばよかった

水準器付きのホットシューカバー、
そんなに価格が高い商品じゃないんですよ。

私が購入した水準器付きホットシューカバーは97円でした。
しかも送料無料。

Amazonのポイントで購入したので、実質タダ。

なんでもっと早くに購入しなかったのか、
今更ながら後悔しています。

この1年間で、多少なりと傷がついてしまっているはず。
100円以内の商品を購入するのに1年以上もかかってしまうとは・・・。

もし、ホットシューカバーの購入で悩んでいるのであれば、
迷わず購入したほうが良いですよ?

水準器が良い

α6000をはじめ、ミラーレス一眼はモニター部分が稼働するんです。
つまり、必ずファインダーを覗かないと撮影できないわけではない。

モニターを見ながら撮影ができるんですよ。
なにが良いかっていうと、私の場合は猫目線で撮影ができるんです。

その際、水準器が無いと水平に撮影できているか、
ぜんぜん分からないんですよ。

後から写真を確認すると、傾いているな・・・と、後悔することも。
動物写真は、同じ写真を二度と撮影できないのがツラいとこ。
だから水準器付きホットシューは必需品なのです。

100円以内でのコスパは最高ですよ。
水平が分かるし、傷やホコリから守ってくれる。
良いアイテムです。

名前が分かりにくい

購入に時間がかかった原因の1つに、名前が分からなかったということもあるんです。

「ホットシューカバー」という名称に、なかなかたどり着けませんでした。
カメラに詳しい人なら普通のことなのかもしれませんが、
カメラに関して素人の私は「ホットシューカバー」が分からなかった。

だから購入までに時間がかかった。

検索のときに「ストロボ部分 カバー」で調べ、
初めて「ホットシューカバー」という名称を知りました。

カメラ屋さんで見かけない

私はカメラ屋さんで見かけませんでした。
探し方が下手だったのかもしれませんが・・・。

店員さんにも聞かなかったのが、最大の失敗ですね。
もっと遠慮せずに何でも聞けばよかったんですよ。

カメラのことはカメラのプロに聞くと、
すぐに解決しますよ!

もっと貪欲に質問しよう!
恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ!?

さいごに

写真撮影するときに重要なのは水平かどうか。

私みたいに動物目線で撮影する場面が多い人は、
本当に必需品になりますよ。

私は、もっと早く購入すればよかったと少し後悔。
でも今は購入して満足です。

以上、Yoshihiro(@yoshihiro_free)でした。

コメント